Menu

コンセプト

Home

安心して暮らせる社会の実現を<本気>で考えています

近年、性犯罪、無差別殺人、通り魔事件など凶悪凶暴な犯罪者が後を絶ちません。

「日本は水と安全はタダ」 と言われた時代が懐かしくさえ思えてしまいます。
これは時代の流れなのでしょうか。

しかし、いつまでも悲観に暮れるわけにはいきません。

自分に何かできないか・・・
それを考え続けました。
そして立ち上がりました。

護身術を伝えていく

私たちの力だけでは大したことはできないかも知れません。
大海に一滴の水を落とすようなものだと言う人もいるでしょう。
それでも一滴の水は確実に増えるのです。
その一滴の水が周りの水に化学変化をもたらすことだってあるのです。

剣護身術は代表の30年以上の武道経験(大東流合気柔術、剣術、実戦空手)、各種修行、実戦経験で得たノウハウを護身術として指導する団体です。

「自らを護るチカラ・大切な人を護るチカラ」 を全国全世界へ!!
それが代表の願いであり、我々剣護身術のミッションなのです。

我々は本気です。
本気でこの願いを実現するためにこれからも全力で活動して参ります。


剣護身術は 東京、名古屋、大阪、神戸、福岡、札幌 にて活動しております(2018年現在)。
各支部の活動はこちら

また全国各地で学校プロジェクト、護身術セミナー、講習会を開催しています。
学校プロジェクトについてはこちら

活動年号
2008年9月 大分県(九州)で護身術を教え始める(当時SDS)
2010年9月26日 東京池袋で護身術セミナーを開催
2010年11月23日 東京テーマ別セミナーをスタート(全国展開スタート)
2010年12月12日 名古屋初上陸
2011年3月20日 大阪初上陸
2012年4月13日 本部を東京に移して本格的に事業開始(剣三ヶ年計画「胎動」スタート)
2014年3月23日 福岡初上陸
2015年9月13日 北海道初上陸
2015年11月23日 沖縄初上陸

初期の活動写真

  • 本気の画像01
  • 本気の画像02
  • 本気の画像03

大東流合気武道 宗家公認の護身術団体

剣護身術代表 ヒーロ黒木は大東流合気武道(時宗伝 大東流合気柔術)の四段(師範)です(最高段は五段)。
そして剣護身術は大東流合気武道 武田等宗家公認の護身術団体となります。

武田等宗家は大東流合気柔術中興の祖である武田惣角先生の孫にあたる方で(武田時宗先生の甥)、正当な血筋の伝承者です。
剣護身術は大東流の正当な流れを汲む技を「大東流 剣の会」として伝承しております。
※剣護身術は定期的に北海道留辺蘂の本部に伺い、宗家より直伝指導を頂いております。

  • 大東流合気武道01
  • 大東流合気武道02
  • 大東流合気武道03
  • 大東流合気武道04
  • 大東流合気武道05

剣護身術のミッション

剣護身術の大目標
「自らを護るチカラ・大切な人を護るチカラ」を全国全世界へ発信し、世界の幸福度を高めていく

剣護身術が言う 【護るチカラ】とは、自己防衛のことだけを指すのではありません。
それは智慧のチカラであり、愛のチカラであり、経済のチカラであり、組織のチカラであり、社会のチカラでもあります。
このすべてを含めた【護るチカラ】を伝え拡げていくために四つのミッションがあるのです。

剣護身術 四つのミッション
①全ての人が一定レベルの護身術を身に付けることができる「再現性の高い技術体系」を確立し普及していく
②自己確立を促し、豊かな人生へと導く「人生の護身術」を伝えていく
③心身の鍛練を通じて高い志を持った世界のリーダーを育成していく
④日本の技と精神を世界に発信していく
剣護身術の全ての事業はこの四つのミッションを実現するためにあります。

ロゴマークに込められた思い

TSURUGI ロゴマーク

剣護身術のロゴマークは、「まあるい心」に「剣」を納めています。
これはまさに「護身の心得」を表しています。

ただ優しいだけでは悪意を持った人間に付け入る隙を与えてしまいます。
しかしむき出しの刃物のままでは周りを傷つけてしまいます。

懐剣(かいけん・ふところがたな)とは、護身用の短刀のことをいい、これを護り刀(まもりがたな)ともいいます。
「護る」とは心の中に剣を納めることでもあるのです。

2つの「ごしん」が存在します

ごしん太極図

一つは自らの身を護る『護身』です。
そして、もうひとつは心を護る『護心』です。
剣護身術ではこの『護身』と『護心』が表裏一体の関係となっています。

では「心を護る」とはどういうことでしょうか?
それは「執着」から己の心を護るということです。

「執着」とは、「自己顕示欲」「自分中心的発想」「コントロールの効かない怒り」「燃え盛る欲望」といったものです。 こういった「執着」が不必要な争いや事件を引き寄せてしまうのです。

剣護身術では静的トレーニング(各種呼吸法)が『護身』と『護心』のかけ橋となっています。
呼吸法は自らを律する力・執着に負けない強い心を養ってくれます。
そういう人間は自ら争いを起こさないし、争いを呼び込むこともないでしょう。
だからこそ『護心』は『護身』につながるのです。

人生の護身術

人生の護身術

剣護身術は自己防衛のための護身術を修行するだけではなく、日本の精神や心身の鍛錬法を通じて、人生のステージアップや生きる喜び、心の豊かさ、人生の幸福へとつながる道標でもあります。

心身を鍛え、人間性を磨き、人生の質を高めていけば、愚かなことは起こさないでしょうし、争いを呼び込むこともありません。
それこそ最大の護身術であり、「人生の護身術」といえます。

日本の精神が世界の幸福度を高めていく

日本の精神が世界の幸福度を高めていく

剣護身術は日本武術から生まれました。
護身エクササイズもキッズ護身術も日本武術がベースとなっています。

その日本武術には技と精神が現代まで伝えられております。
技が身体を磨き心を磨きます。
精神が技に命を吹き込みます。

技と精神は表裏一体なのです。

我々は技だけを伝えていくのではありません。
同時に日本の精神も伝えていくのです。
日本の美しい技と精神を日本全国、全世界へと伝えていく。
それが世界の幸福度を高める一助となると我々は信じています。