Menu

学校プロジェクト活動報告(平成26年)

Home
学校プロジェクト活動報告(平成26年) | 実用的な護身術を習うなら初心者や女性も学びやすい実戦護身術『剣』Tsurugi

平成26年

平成26年11月15日(土)大阪府大阪挟山市立南第二小学校
平成26年11月15日(土)大阪府大阪狭山市立南第二小学校
小学3年生~6年生 24名
大阪の横山スタッフとその道場生(横山スタッフ主宰道場)が参観日を利用して護身術教室を開催しました。
南第二小学校はリピート開催となります。
子供たちも楽しそうに、また話を聞くときは真剣に耳を傾けてくれたそうです。

  • 活動報告
  • 活動報告
  • 活動報告
  • 活動報告
  • 活動報告
  • 活動報告

平成26年10月20日(月)愛知県名古屋市立八社小学校
平成26年10月20日(月)名古屋市立八社小学校
3年生104名
保護者も数名ご見学に来てくれました(お手伝いもしていただきました)。

そして八社小学校はリピート開催になります!!
それもリピート開催第一号です(前回平成26年12月6日)。
実は愛知県(東海地方)の学校プロジェクト開催第一号も八社小学校なのです。
先生方の意識の高さが伺えますね。

前回と同じ学年主任さんだったので、打合せもスムーズに進み問題なく開催できました。
3年生の子供達も真剣に取り組んでくれて嬉しかったですね

  • 活動報告
  • 活動報告
  • 活動報告
  • 活動報告
  • 活動報告
  • 活動報告

平成26年8月31日(日)朝日学生新聞(朝日おとうさん新聞)の取材を受けました
9月1日防災の日に合わせて朝日おとうさん新聞※(8月31日発刊)では「防災特集」が取り組まれましたが、「防犯術」として学校プロジェクトが取材を受けました。

実際に小学生の男の子ご家族を相手に、学校プロジェクトの内容そのまま行う形での取材となりました。
エスケープランでは「忍者走り」を教えた男の子の足が実際に速くなり、本人もご両親もビックリされていました。

学校プロジェクトの実践的トレーニングや理論、カリキュラムに、取材に当たっていた編集長も「これは次につなげていきたい」とかなりご満足されていました。
この記事を見ていただいた全国のお父さんお母さんの護身術への関心が少しでも高まることを願っています。
※朝日おとうさん新聞とは朝日学生新聞を購読しているご家庭に配られる新聞です。

  • 活動報告
  • 活動報告

平成26年7月10日(木)神奈川県立伊勢原高等学校
平成26年7月10日(木)神奈川県立伊勢原高等学校
高校生対象は学校プロジェクト初。
今回、東京メンバーがPTA会長をしている関係で実現。
参加者はほぼ全員女子でした(男子が1名)。

高校生が相手ということで、心の話、人生の生き方についても言及しました
護身術はその場限りのものではありません。
生涯にかけて生き続け自分を護ってくれるチカラとなるのです。

内容
・護身術は生涯にわたって自分を護るチカラとなる
・大声で叫ぶ
 恐怖心を抑え気力を振り絞る
火事場の馬鹿力を発揮
抱えてるものを全部吐き出す
・丹田呼吸法で肚を据える訓練
 動じない自分、ブレない強さを身につけることで人生の苦難困難を乗り切るチカラにする話
・不審者というのはいないという話
 間違った常識
・犯罪機会論
 人から場所、空間に視点を変えるという話
・歩きスマホの問題点
 実際に体験してもらい、歩きスマホがいかに危険かを認識してもらう
・見られていることに気づく訓練
・警戒していることを相手に伝える訓練
・パーソナルスペース
 個体距離の話と実体験
 個体距離に近づいてきたら離れる訓練(ルール作り)
・護身術
 手首を掴まれた時
 肘、肩を掴まれた時
 首を締められた時
 後ろから口を塞がれた時
 目の前で突然殴りかかってきた時

  • 活動報告
  • 活動報告
  • 活動報告
  • 活動報告
  • 活動報告
  • 活動報告

平成26年6月16日(月)愛知県名古屋市立八熊小学校
平成26年6月16日(月)愛知県名古屋市立八熊小学校
親子での参加でしたので、親子で楽しめつつ親子だからこそできる訓練を行ないました。
今回のスタッフ 剣護身術代表・押田名古屋支部長・塩崎副支部長・高見スタッフ

・親子で簡単護身術
親子で楽しみながらやりました。
ここで「伸筋の力」も体験してもらいました。これは皆さん驚いていましたね。
・簡単護身術を使ったエスケープ
お母さんに変質者役になってもらいました。
・変質者が捕まえにきたところをエスケープ
これもお母さんが変質者役になってもらいました。
・親子で歩いている時に変質者から襲われた時
これは「親子の連携プレー」が重要になります。
特にお母さんは子どもの命を護るために大活躍してもらいます。
実戦護身術「剣」のパームガードが有効になります。
・最後に質疑応答
お母さん、子どもさんどちらからも沢山質問をいただきました。

今回集まった保護者の意識の高さを感じました。
学校を動かすには保護者の声が必要になります。
学校プロジェクトの有効性に感心された方が多かったので、ぜひ学校に働きかけて今後も呼んで欲しいですね。

  • 活動報告
  • 活動報告
  • 活動報告
  • 活動報告

平成26年5月16日(金)愛知県刈谷市立富士松南小学校
平成26年5月16日(金)愛知県刈谷市立富士松南小学校
ここはマンモス校で今までの学校プロジェクトでも最高人数でした。
1コマ目 5年生122名
2コマ目 6年生123名
合計245名

押田名古屋支部長と2人で無事やり切りました。
もう完全燃焼(笑)
子ども達は全力で取り組み、とても喜んでいました(^_^)
先生も実戦的な内容にとても感心していました。

今回から訓練を4つのカテゴリーに分けて、それぞれに「テーマ」を設けました。
この「4つのテーマ」を覚えてもらうことで、イメージしやすくなり内容を忘れにくくできます。

「最後まであきらめないこと」
これが護身術に限らず人生の途上でも助けてくれる。
そういうメッセージもしっかりと伝えることができました。

  • 活動報告
  • 活動報告
  • 活動報告
  • 活動報告
  • 活動報告
  • 活動報告

平成26年2月23日(日)東京都新宿区立津久戸小学校
平成26年2月23日(日)東京都新宿区立津久戸小学校
久しぶりに東京都での開催でした。
今回は東京本部長を含む3名のスタッフが参加。
PTAのイベントだったので多くの保護者も見学に来てくれました。
保護者の皆さんに、
・「護るチカラ」を身につけるために定期的に学校プロジェクトを開催してくことが必要
・子どもだけではなく大人も意識を持つことで初めて「防犯活動」が実を結ぶ
という話させていただきました。
そして最後は学んだ動きと技をみんなの前で発表会。
教えたことをきちんと実践していました(^.^)

  • 活動報告
  • 活動報告
  • 活動報告
  • 活動報告
  • 活動報告
  • 活動報告

平成26年1月18日(土)大阪府高槻市立真上小学校
平成26年1月18日(土)大阪府高槻市立真上小学校
今年初めての学校プロジェクト。
今回はPTA主催でしたので保護者も多数ご参加いただきました。
小学生と保護者合わせて70名ほど。

「命を護るための授業」はいつも小学生だけの参加ですが、今回は保護者も一緒に訓練いたしました。
後半は親子護身術で手首をつかまれた時の護身術をいくつか紹介。

最後は保護者に防犯意識について話をさせていただきました。
子ども達も保護者もとても喜んでいただき、学校側に継続してやって欲しいと話をしてくれたそうです。

  • 活動報告
  • 活動報告
  • 活動報告
  • 活動報告
  • 活動報告
  • 活動報告